読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私おかん頑張ってます

楽したい人生の見つけ方を探している最中。2歳(女)と1歳(男)の年子を育てています。

人生を変えたければ1カ月で7冊以上読書しなさい。読書から得られるメリット。

読書

f:id:yout96:20151031231104p:plain

本を読んでも内容を忘れてしまう。

すごく面白かったのに時間がたつと内容が思い出せない。

 

それオカンです(;'∀')

読書をして面白かったー、で終わってしまいます。

特にあの有名な「夢をかなえる像」の本。

学生の頃に読んで凄くイイ本だったのですが

内容が全然思い出せない。

いい本だったで終わっています。

 

覚えていない。つまり「記憶」に残っていないということは

それは「知識」としてあなたの中に定着していないということ。

もっと言ってしまえば、その読書は何の役にも立っていない。

とうことと同じなのです。

 「読んだら忘れない読書術より」

 

皆さんも、そんな経験ありませんか?

そんなあなた。

読んだら忘れない読書術 」おススメします。

オカンはこの本に出合って、読書がますます好きになりそうです(●^o^●)

 

今回は読書のメリットをお伝えしたいと思います。

 

自己成長につながらない読書は意味がない

記憶に残る読書術とは言い換えると、「自己成長につながる読書術」

であり「人生を変える読書術です」 

 オカンは今の生活をよりもっと豊かにしたいので

読書をします。宣言しちゃいました(''ω'')

 

インプットとアウトプットの繰り返しで頭の回転が速くなることで、

猛烈に自己成長していきます。思考力もつき、判断も早くなり、

文章を書くスピードも早くなる。結果として有効活用できるようにもなるのです。 

 読書をしたら、ブログにアウトプットをしていきたいと思います。

 

読書でライバルに圧倒的な差をつける

インプット量で勝ちアウトプット量で勝ち、自己成長のスピードで

勝てば、あなたはライバルに圧倒的に差をつけることができるのです。

その第一歩が、インプット量を増やすこと。

そのために一番簡単なのは読書量を増やすことです。 

 

日本人の1か月の読書量は1冊とも言われています。

7冊以上本を読む人が3.6%!!!!

7冊以上読めば日本人の上位に入ることもできるのです(@⌒ー⌒@)

1か月に1冊→年間12冊

1か月に7冊→年間84冊

すごい差がつきますね。

その分知識の量も違ってくるのは当然だーー(;゚Д゚)

 

文章力をつけたければ本を読め

本を読まない。文章も書かない。それでいて、文章力を鍛えることは

不可能です。言い換えると文章力を鍛える方法とは

インプットとアウトプットを繰り返すことです。

アウトプットを前提にインプットを行い、インプットをしたら

アウトプットをする。それをフィードバックして、また別のインプットをしていく。 

 オカンの目標である、文章力を身につけるためには

読書をしないといけないということですね。

ブログは最高のアウトプットツールになりますね。

 

読書はあなたの人生も変えてくれる

自分の頭でいくら状況を打法する方法を考えても、限界があります。

しかし、本を読めば何千、何万人もの先人の知識を借用できるのです。

何かを「変えたい」と思ったら、まず本を読むことをお勧めします。 

 人生変えるぞーーー☆

著者のみなさん力をかしてくれーー的な(*'ω'*)

 

お金と成功も読書で手に入れる

「お金が欲しい」と思っても、ほとんどの人は何をしていいか

わからないのです。

お金というのは、その人が行う労働の価値に見合った額が支払われます。

つまり、自分が今と同じ人間でいる限り、収入が増えることはあり得ないのです。逆に、「高い収入を得られるような人間」に成長すれば

収入は増えます。 

 読書をして自己成長をする。結果、自分の価値が高まり収入アップ☆

 

読書の最終目的は何?

 一言で言うと「自己成長」です。

「行動」が変わらなければ、現実は変わらない。

「行動」という外観に対するアクションを変えない限り、

内面的な変化だけで、現実は変わりません。

 インプットも大事ですが、アウトプットもいかに大事かわかりますね。

 

いかがでしたか?

読書したくなりましたか?

オカンは本が読みたくて、読みたくて仕方ないです。

ここまでオカンを変えたこの本に感謝です(∩´∀`)∩

 

次は10年たっても忘れない「記憶に残る読書術」をお伝えしていきます。

 

お読みいただき、ありがとうございます。