読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私おかん頑張ってます

楽したい人生の見つけ方を探している最中。2歳(女)と1歳(男)の年子を育てています。

悩みを解決する2つの方法。

読書 計画

f:id:yout96:20151212220125j:plain

悩みを抱えているとき

あなたならどう解決しますか?

オカンは家族、友人に相談したりします。

けど、納得いかない答えが返ってくると

また別の人に同じ相談をしたります。

初めから、答えは自分の中にあるのに

自分を納得、安心させるために周りに相談をしていることに

気づきました。

 

自分の中にある答えを引き出す方法

「質問で解決」

良い答えがえられるかどうかは質問の

良し悪しで決まります。

ではよい質問とはどんな質問なのか?

それは「why」ではなく「what」を使います。

 

例えば

(why)なぜこんな目に遭うんだろう

(what)これを切り抜けるために何をすることが必要だろう

 

(why)なぜ早起きができないのだろう

(what)何をしたら早起きができるのだろう

 

(why)なぜ家事が嫌なんだろう

(what)家事が楽しくするためには何をしたらいいのだろう

 

whyだと「あの時こうだったから・・」というような

変えることのできない過去の事実に

なりがちになってしまいますが

whatで質問をすると

じゃぁ〇〇〇してみよう、〇〇〇してみればいいんだ

と今後の行動にダイレクトにつながるような

答えがでてきます。

 

本を読んで悩みを解決

夢をかなえるゾウ2 文庫版 ~ガネーシャと貧乏神~から

仕事、お金、人間関係、幸せ・・・

人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。

そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた

何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するために

ずっと昔から作られてきてんねんで。

その「本」でも解決でけへん悩みちゅうのは何なん?

自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?

自分は悩みのガラパゴス諸島なん?

 

最後に

 生きている限り、悩みはつきないですよね。

whatの質問法は「手帳ブログ」のススメ の中に書いてあることを

参考にしてみました。

あなたの悩みの解決策になればなぁと思います。

 

本日もお読みいただき、ありがとうございます。

 

ka-tyan.hateblo.jp